すごいスクールだって分かったけど私が入れるの?

よくいただく質問です。
「敷居が高すぎて、入りたくても入れない」
「基礎ができてから行きたい」
「本当に厳しそうだから、ついていかれるか心配」

 

敷居が高いと感じられる方、ご心配無用です。
アカデミーは、この門を叩いて飛び込んで来てくれる方を歓迎しています。
学長はじめ、トレーナー、スタッフ、仲間もみな家族のようにフレンドリーです。
いつもなんでも話すことの出来る、そんな信頼関係を築いています。

 

でも、楽しいだけのサークルのような「ノリ」だけで、ごまかすことはなく、歌に関しては教える方も真剣。
だから、自分にまっすぐに、一生懸命取り組んでくだされば、私たちにできること
なんでも教えて差し上げることができます。
そういう信頼関係の中で、実力を養います。

 

実際、基礎ができるようになってから(本人談)、入学される方もいらっしゃいますが、ほとんどの方が、
間違った、或いはまったく基礎が身に付いていない状態です。
その間、2年も3年も無駄な時間とお金を費やしているのかと思うと、気の毒でなりません。
時間は無限ではありません。
どうぞ、基礎からじっくり、ヴォイス・トレーナーズ・アカデミー ®で学んで下さい。

 

時にはお尻を叩くようなこと(実際にはたたきませんが)、背中を押してあげなければいけないことがあり
ます。
いつまでも自分のペースで、または言い訳をしたり、逃げていたのでは、プロの世界では通用しないのです。
ここは、プロの入り口ですから、デビューしてから困らないように、スイッチONできるよう慣れていきましょう。
要求されることが多いのがプロの世界です。
自信とは、自分を信じること。

 

あなたが『職業;歌手』になるために私たちができること。
ここにはたくさんあります。
息の長い、本物の歌手を目指す人のために、私たちも人生を賭けています。